Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
沖縄DEラーメン
JUGEMテーマ:グルメ

おとといから仕事で沖縄に来ています。
沖縄といえば、青い海、青い空…夏を独り占めしてやるぜ!
などと妄想を抱きながら来たのですが、
なんと!昨日から入梅っす。



現実は甘くありません。
それでも気を取り直し
沖縄と言えばラーメン!(うそ)と早速沖縄ラーメンを食べてきました。

ジャーン!


しょうゆラーメン700円


実にしっかりとした味です。
飲んだ後にはちょうどよい感じのしょうゆベースのスープです。

麺は中太麺ですが、ソーキそばとかよりはほ細くて
スープとよく絡みます。

たまねぎが入っていてその甘みもまたいい感じです。

チャーシューは薄くてもしっかり味がついていて存在感がありました。

ですが、やっぱり沖縄ならソーキそばだろ!
とみんなに突っ込まれました。

ですので、帰るまでにやはりソーキソバを食べとかなければいかんと思います。




ちゃんや
 (月-木)11:30-翌3:00、(金土)11:30-翌5:00、(日)11:30-翌1:00
休 み なし
那覇市沖縄県那覇市牧志1-2-30
098-864-5411

posted by iwajilow | 08:49 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
江の島DEチャーシューメン
JUGEMテーマ:グルメ


昨日は、仕事で江の島に行っていました。
プライベートも含めて久しぶりに江の島を歩きました。
ゴールデンウィーク最後の休日というだけに
ものすごい人出でした。

手をつないで歩くカップルや家族連れに混じって一人
機材の入ったリュックサックを背負って、手にはデジカメの中年男。。。

どう見ても変質者ですね。。。

負けるもんか、と思いつつ一人チャーシュー麺をすすります。

1000円もするチャーシュー麺なのでそれは美味しかったです。
脂身がスープに溶けて程よくトロトロだし…。

でも、こんな立派なラーメン屋さんのチャーシュー麺ではなく
カレーもシラス丼も焼肉定食もあるぜ、っていうお店のチャーシュー麺のほうが
ふさわしかったかもしれない。

僕が子どもの頃行っていた江の島はこんな本格的なものじゃなくて
もっと怪しかった。
陽に焼けたオヤジたちが昼から食堂でサザエの壺焼きや炙ったイカをつまみに
焼酎をあおっているようなところでした。

そういったイメージがあるだけに
なんかちゃんとし過ぎていて江の島っぽくないなと感じました。

美味しかったんですけど、ないものねだりですね。。。




チャーシュー麺 1000円


晴れる屋0466-26-8335
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-33
営業時間 11:30〜15:00 18:00〜21:00

posted by iwajilow | 10:07 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
富山ブラック再び
JUGEMテーマ:グルメ

昨日から再び富山県に来ています。
富山といえばやはり、ブラックラーメン。
僕にとっては初めてとんこつラーメンを食べて以来の衝撃で
すでにクセになっています。

そして連れて行ったもらったのが
やはり、本家で修行をされたという店主の経営するお店。
大喜根塚店です。

お店にはこう書かれていました。

「当店は大喜の創業者(昭和22年開店)高橋是康氏から直接秘伝の味を受け
根塚町に店舗を構えてラーメンを作り50数年になります。

〜中略〜

お客様には親子三代にわたりご来店いただいておりますが開店以来の味を
忠実に守り続けています」

ここは「チャーシューラーメン専門店」と銘打たれ
メニューもチャーシューメンの小と大しかありません。

プライドがにじみ出ています。

期待に胸を膨らませながら「小」800円を頼みました。
そして出てきたのがこちら、ブラック!





少し慣れたのか、濃いながらも食べやすい。
しょっぱいけどマイルドに感じます。
チャーシューは細かく薄切りで、よく味がしみています。

そして何よりも薬味ネギのシャキシャキ感がほっとします。

いやぁ、濃い、濃いと言いながら箸が進みます。

と前にいたお客さんに話しかけられました。


「これはジャブですね。すごいところに行くとシナチク一本でドンブリメシが食べられます」

ひやぁ〜、それはどんなブラックなんですか。。

まだまだ食べないわけにはいきません。

思ったよりも奥の深い、ブラックラーメンです。


大喜根塚店
富山市根塚町4丁目2の8
076(491)2929
11時〜20時
水曜日定休
 


 
posted by iwajilow | 09:05 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
富山ブラック
JUGEMテーマ:グルメ


富山にはブラックラーメンというご当地ラーメンがあるそうで
これがとても衝撃的な味だそうです。

食べたことのあり方からは
「ネタばらしになっちゃうから、言わないけどすごいよ」
とだけ言われました。

何がすごいのか…。

こう言われたら食べないわけにいきません。

タクシーの運転手さんが
「ブラックラーメンの店はたくさんあるけど、
昔の味に近いのはここだね」と連れて行ってもらったのが
大喜大島店というお店です。



この大喜は昭和22年に開業し、
富山市内にたくさん店舗を展開しているのですが
この大島店が一番だそうです。

メニューは、小・大・特大のみ。
こういうときに大を注文してしまうとものすごいことになるのは
学習しているので小にしました。

そして出てきたのはこちら。



黒い!

しかも黒の上にコショウがたんまりかかっています。

そしてさっそく、一口。

しょっぱ!

ものすごいしょっぱさです。
口の周りが痛くなります。
チャーシューの煮汁の中に麺が入っているというか、
つけ麺の付け汁の中に麺が入っているというか
しょっぱいです。

普通のラーメンとは別の食べ物です。

おかず的なラーメンです。

麺は昨日食べた氷見ラーメンの麺と同じく
うどんのようなもちもち麺です。

麺の外側はしょっぱいけど
中までは味がしみ込んでないので
バランスが取れているような…。

チャーシューは刻みチャーシューっぽいのですが
味が染みていて柔らかくとてもおいしいです。

しかし、この濃いスープにも負けない味付けですから
相当、濃いのだと思います。

タクシーの運転手さんは
「以前は何枚もチャーシューが入っていたけど
今は刻んでるからねぇ」と言っていました。

すごい迫力だったんでしょう。

一説によると、このブラックラーメン、昔食べ物がなかった時代に
おなかが膨らむように考案されたとか…。
でもなんでしょっぱいとおなかが膨らむのだ?
水をたくさん飲むからかなぁ。

でも、なんだかんだといて完食してしまい
おなかもかなり膨らみました。

運転手さんは
「2〜3回行くと、もう病みつきになるよ」
と得意げに話されていました。

確かにこの味は富山でしか食べられないので
恋しくなってしまうかもしれません。

大喜 大島店
076-492-3525
富山県富山市大島1-135
ブラックラーメン小 700円


こちらは雪の大谷です。
寒かった…。
 



posted by iwajilow | 08:19 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(5) | trackbacks(0) |
氷見ラーメン
JUGEMテーマ:グルメ
 
氷見事件で有名な氷見に行ってきました。

ここはフジコフジオA先生、生誕の地だそうで
町にはオブジェがたくさん飾られています。




そういったなか氷見ラーメンなるお店が5周年だそうで
しかも普段680円の氷見ラーメンが500円で食べられるということで
これは行かないわけにはいきません。




なんでも氷見の刺身醤油を使ったラーメンだそうです。


こんなんでした。



見た目よりあっさりしています。
麺がうどんのように太くてびっくりしました。
もちもち感は癖になりそうです。

チャーシューは久しぶりにとろける柔らかチャーシューでした。
スープまで全部飲んでしまうラーメンでした。
posted by iwajilow | 07:08 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(1) | trackbacks(0) |
山形発・もつチャーシュー麺
JUGEMテーマ:日記・一般

仕事で山形の新庄という雪深いところに来ています。

街中でいい感じのラーメン屋さんをみつけました。
ご夫婦二人でやっているようです。

羨ましいなぁ、こういうご夫婦ってっていつも思います。

僕が入ったときにはお客さんはいませんでしたが
きっと忙しかったんでしょう、
店に入ると、ほとんどのテーブルには片付け終わっていない
どんぶりやお皿がのっかったままでした。

さて、壁に貼られたメニューに
「もつチャーシュー麺」とあありました。

もつのチャーシュー?

注文してみるともつのチャーシューではなく
もつとチャーシューでした。

まぁそりゃそうでしょうねぇ。

さて味のほうですが、とても肉肉しい感じがします。

でもスープはもつ鍋のスープのように独特で
やさしい感じがしました。

おいしかったです。


もつチャーシュー麺850円


まんぷく食堂→名前もかわいい

posted by iwajilow | 07:02 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
味噌カレー牛乳ラーメン
JUGEMテーマ:グルメ

月曜日の夜から今年2度目の青森に来ています。

この青森で「味噌カレー牛乳ラーメン」という看板を見つけました。
「味噌カレー牛乳???」

これは入らねばなりません。



早速「味噌カレー牛乳ラーメン」を注文。
すると…こんなん出ました。



若干カレー色のスープ。どんな味なんでしょう。
一口スープを飲むと、結構これがいけます。

カレーラーメンのスープですが牛乳が入っているからでしょうか、まろやかな柔らかい辛さです。
麺は札幌ラーメンの西山製麺を彷彿させるコシの強い麺です。

この麺がよくスープと絡みます。

バターも入っていますが、考えてみればバターも牛乳から作られるんですよね。
そういった意味では味噌バターラーメンなどもあるわけだから味噌牛乳があっても不思議ではないか…。

非常にこってりともしていますが、この寒い時期には非常にあいます。

店はカウンターとお座敷なのですが8割がた埋まっていました。
そしてお客さんの半分以上が味噌カレー牛乳ラーメンを注文していました。
これ、なかなかクセになる味です。

さてチャーシューですが、食いでのあるにくにくしいチャーシューでした。

味の札幌 大西
青森市古川1丁目15−6
017−723−1036
11時から21時30分

そして、今日の青森は晴れ渡り、弘前からは岩木山がきれいに見えました。








posted by iwajilow | 19:08 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
青森なう
JUGEMテーマ:グルメ
 
一昨日から、青森に来ています。
今日の青森は大雨で取材者泣かせです。

この大雨の中で張り込みやら聞き込みなど、けっこうしんどいです。
しかも青森、寒い。

こういうときは冷えた体を温めてくれるラーメンが一番。
と、昨日はホテルの近くにあるラーメン屋さんに入りました。

チャーシューはトッピングのみでチャーシュー麺というメニューはありませんでした。
焼き干しラーメンやらいわしざる中華やら、そういうところで勝負をしているようです。

せっかくの青森ということもありホタテラーメンを頼むことにしました。


ホタテラーメン850円

と頼んだ途端に
自分があまりホタテ好きでないことに気がつきました…。

あっさり塩味で
ホタテ好きにはたまないと思いますが…。



ラーメン いさり火
青森市安方1丁目11-10
電話番号 090-1069-5118
営業時間 11:30〜14:00
       19:00〜02:00
posted by iwajilow | 09:08 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(0) | trackbacks(0) |
鳥取再訪
JUGEMテーマ:グルメ
 
先週に引き続き、今週も鳥取に来ています。
鳥取、島根という地域に来るとどうしても「竹島」のことなどを考えてしまいます。
領土問題はナショナリズムに火をつけるので、近隣諸国との関係にどうしてもひびが入ります。

僕はこれはアメリカの作戦なんだろうなぁと思っています。

おそらくは、この解決方法はみんな知っている。
でも、アメリカが引き上げるときに、日本が近隣諸国と必要以上に接近しないように
わざと国境の問題をうやむやにして引きあげた。

だから、中国とも韓国ともロシアとも領土問題が残ってしまった。

分断統治は支配者の王道です。
支配者は団結されるのが一番怖い。

だから日本がどの国とも団結できないように手を打っておいた。

そして、今こうして領土問題が再燃するのはアメリカとの関係が弱まってきたからだとされます。
その間隙をぬって、中国や韓国やロシアが攻めてくる。
だから日米同盟は大事にしなければいけない。
だから辺野古に基地を作らなければならない。
だからオスプレイを配備しなければならない、ということになってしまう。

これもすべてアメリカが仕組んでおいたことなんだと思います。

本当は解決方法はみんな知っている。でも自国に都合の悪い情報を出さないようにしているだけだと思います。それはもちろん日本を含めてですけど。。。

さて、そうは言ってもお腹は減ります。
鳥取といえば牛骨ラーメンだそうです。
早速、駅前のお店で頼んでみました。

どーん



見た目、トンコツラーメンっぽいですが
牛骨です。
紅ショウガは乗っていません。

でもスープ甘いんですね。
とろっとした甘いスープは東京ではあまりお目にかかれません。
ゴマの風味もいい感じです。

チャーシューは肉厚で食いでがありましたが
味があまり付いていません。肉本来の味を楽しめということなのかな。
ガッツリという感じでした。

あとすごく脇役なのですが、スープを飲んでいるとき
ネギがシャキシャキとして、厚切りだからなのか、かなりの自己主張をしていました。
ネギスープ?みたいな感じで楽しめます。

しょうゆ牛骨ラーメン、680円です。


太鼓判
鳥取市栄町662
電話:0857-29-2626
営業時間:11:00〜翌2:00
posted by iwajilow | 23:31 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(1) | trackbacks(0) |
素ら〜めん!?
JUGEMテーマ:グルメ


仕事で鳥取に来ています。

ここの名物に「素ら〜めん」というものがあるそうです。具なしのラーメンのことでしょと思っていたのですが、さすがB級グルメ、B級なりに奥が深い。なんとうどんのダシ汁の中にラーメンが入っているのです。そしてトッピングは天かす。言うなれば「たぬきラーメン」です。

だから、ラーメン屋さんにあるわけではなく、僕が食したのは駅前の立ち食いそば屋でした。

うどんダシだから脂っこくなく胃に優しい感じです。が、僕は麺のぬめり感が気になってしかたありませんでした。これはスープが絡まないからなのでしょうか?それとも茹で時間をミスったのでしょうか?立ち食いそば屋さんだけになんとも判断しかねます。

ただ、この「ぬめり感」自体が特徴なのだとすれば、全くコシのない伊勢うどんがクセになるように、ヤミツキになってしまうのかもしれません。恐るべし素ら〜めんです。

350円という値段も素敵でした。



素ら〜めん


posted by iwajilow | 14:22 | 全国チャーシューメン紀行 | comments(1) | trackbacks(1) |