Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
仙人サミット〜ほぼ食べることをやめた人たち
週末、大阪に行っていました。
そこで、以前取材させていただいた方の主催する「仙人サミット」なるものに寄らせていただきました。

これどういうサミットなのかというと、ほぼ食べない人たちの集まりなんです。

主催者の一人が僕が取材させてもらった森美智代さんという女性なのですが、この人がすごい。
どうすごいかというと、ここ10年近く青汁のみで生きているんです。しかも痩せてない。


森美智代さん

10代頃までは普通に食べていたそうですが、この生活を始めたのは21歳のときに小脳失調症という病気になったことがきっかけだそうです。
この病気は平衡感覚を失ってしまう病気で治療法もなく、やがて死に至る難病だそうで、森さんも余命5年と宣告されたそうです。

そういったときに、このほぼ食べないという健康法に出会い、どんどん食事を少なくしていき、10年ほど前からは1日1杯の青汁のみになったそうです。

現在の摂取カロリーは1日60キロカロリーほどだそうですが、彼女は病気もすっかり良くなり、余命5年といわれていたのが、43歳の現在まで元気で過ごしています。

僕は取材で自宅にもお邪魔させてもらったのですが、そのキッチンのきれいなこと、使ってないので新品同様でした。もちろんフライパンや鍋といった調理器具はなく、ジューサーのみが置いてありました。これは青汁作りに欠かせないそうです。
さらに冷蔵庫にはケールやキャベツ、小松菜といった青汁の材料のみがはいっておりました。卵や牛乳といった冷蔵庫の定番食品は一切ありませんでした。

食べてないと感覚が敏感になるそうで、お肉屋の前などを通ると、動物の死臭がすると言ってました。またラーメンのスープなどは脂が浮いたお湯に見えるそうです。

なんで青汁のみで生きていられるのか?と理化学研究所の先生が彼女の腸を調べました。

すると彼女の腸内には、普通の人にはあまりない腸内細菌がいることがわかったそうです。僕が取材した理化学研究所の方は「牛に近い」と言っており、なので「葉っぱから脂肪などを作り出すことができる」のだそうです。

なんともすごい人なのですが、その森さんが「結構仲間がいるんですよ、今度サミットをやるので来て下さい」と言ったいたのが先週末に行われた「仙人サミット」だったのですね。


仙人サミットの会場は大盛況でした

そういった仙人の方が27人集まり、自分の生活を報告しあうのですが、この「食べない自慢」もすごかった。

ある男性は
朝 青汁1杯
昼 なし
夜 3日間水に浸した玄米50グラム
と3日に1回豆腐を半丁食べます。
だそうです。


3日に1回豆腐半丁を食べる方

またある女性は
朝 青汁
昼 青汁
夜 生玄米30グラム
で、1週間に1度断食をします。って日々の食事も断食のようにみえるのですが…。

皆さんガンだとかアトピーだとか肝炎だとかさまざまな病気を抱えたことがきっかけでこういった生活を始めたそうですが、中には視力が0.3から1.2になったという方もいらっしゃいました。

なんとも、摩訶不思議な方々です。
しかも皆さん痩せてないんですねー。ナマ「人体の不思議展」でした。

で、みなさんちゃんとした医師の指導の下にきちんとやっていらっしゃるので自己流で真似するのはやめてくださいね。きっと体を壊すと思います。
posted by iwajilow | 13:43 | 食べません | comments(1) | trackbacks(0) |