Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
男児同性愛という罪
いよいよ今日は民主党代表選です。いったいどうなるのか結果が気になります。
しかし、親小沢VS反小沢という構図がクローズアップされている時点でどちらが勝ったとしても勝負あったという気がしてなりません。
決して親菅VS反菅じゃないですものね。。

さて今月9日そういった代表選とは全く関係なく、北海道青少年健全育成条例違反の裁判が行われていました。

被告席に座っていたのは紺のスーツに身を包んだ若いサラリーマン風の男性。緊張のためか若干顔が紅潮しているようにもみえます。あの元猿岩石の森脇和成のような風貌をしていて一見、普通の人のように見受けられました。彼がいったいどんな罪を犯したのでしょうか?

「小3から若い男の子が好き」 男子中生2人にわいせつ 会社員の男逮捕
2010.7.21 12:46
 男子中学生2人に現金を渡し、わいせつな行為をするなどしたとして、警視庁少年育成課と四谷署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、児童ポルノ製造)の疑いで、北海道登別市新生町、会社員、●●●容疑者(34)を逮捕した。

 同課によると、森容疑者は「小学3年のころから同性に興味を持った。若い男の子が好きで欲望を抑えることができなかった」と容疑を認めている。

 森容疑者は同性愛者向けの掲示板サイト「ボーイズジャパン」を通じて男子中学生と知り合ったという。平成15年施行の出会い系サイト規制法では、性行為目的で児童を誘うこと、そうしたやり取りを掲示板上でさせることなどを禁じているが、同法は異性間を想定したもので、同サイトは規制の対象外だった。

産経ニュースより


起訴状によると被告は平成22年2月2日に児童ポルノのDVDを北海道から3枚、千葉の知人あてに鑑賞する目的では発送。3月20日に出会い系サイトで知り合った少年A14歳と彼が連れてきた少年B14歳と彼らが未成年と知りながらホテルに行って3Pをして、さらにそれをビデオ撮影したということです。

被告人は罪を認めていました。

検察の冒頭陳述によれば被告は少なくとも4年前から主に男子生徒を相手に買春をしていて、相手は今回のA,B以外にも5〜6人いたそうです。起訴された3月20日以外にもAとは15回くらいあって、性的行為をしていて小遣いをあげたりもしていたということです。

逮捕のきっかけは、被告がDVDを送った同性愛仲間の家にどうやらガサが入り、そこで押収されたDVDから今回の件が発覚したようです。

彼は逮捕まで普通のサラリーマンとして生活をし、同性愛者だということは身内も知らなかったということです。

弁護士「あなたは同性愛者で特に中学生や高校生に興味があるのは間違いないですか?」
被告「間違いありません」
弁護士「男子以外には興味がないんですか?」
被告「そんなことはありません。別れてしまいましたが以前、成人女性と付き合ったこともあります」

自分の気持ちを抑えきれなかったという被告人。今回の逮捕で50日ほど拘留され家族にも男児同性愛者だということが知られました。

弁護士「お母さんはあなたが同性愛者だということを初めて知ったのですか?」
被告「はい」
弁護士「どんな様子でしたか」
被告「母はショックでしばらくは外出できませんでした」

今回の件で会社も退職することになったそうです。
しかし、母に自分が同性愛者だと知られたことで「何でも相談できるようになった」といいます。そして今後の人生について成人女性と結婚することなど相談しているそうです。

弁護士から今回の件についてどう思っているのかと聞かれると被告人は「被害者の人生を歪めてしまい、心に傷を負わせたことを深く反省しています」と反省の様子を見せました。

裁判官の質問でちょっと珍しいと思うのですが裁判官はこんなふうに声をかけていました。「もっと健全なところで自分の力を発揮してほしい」


さて求刑ですが検察は「単なる自己の性欲のはけ口として未成年者を利用し、身勝手な犯行で常習性も著しい」として懲役2年としました。

この事件は即日結審され、その日の午後判決がありました。

判決
「主文 被告人を懲役2年に処する。この刑が確定した日から刑の執行を5年間猶予する」

裁判官は「事故の特殊な性欲を満足させるための身勝手な犯行で常習性も著しい」としましたが「他方で反省の態度が認められる」として執行猶予をつけました。

「くれぐれも行動を慎んでください」といった後「本当に悪いことしないでくださいね」と被告人に声をかけていました。

さて、この事件、被告の性癖も性癖ですけど中学生も恐ろしい。

この少年Aと被告が知り合ったのは出会い系サイトの書き込みです。

男子生徒の「エッチしたいなぁ、2万円くらいでどうですか」という内容の書き込みにアクセスしたのが被告人です。

これって東南アジアの貧困層が生活のために子供を売る児童買春とはかなり違いますよね。日本は遊ぶ金欲しさに男子中学生まで売春する国になってしまいました。

子供は大人の鏡といいますが、この現実に頭がクラクラします。

平成22年特(わ)第1756号







posted by iwajilow | 09:45 | セクシャル・マイノリティー | comments(0) | trackbacks(0) |