Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
えどKB
JUGEMテーマ:日記・一般

江戸川区の知人に誘われて
江戸川区限定アイドル「えどKB」を見に行ってきました。

女子プロの前座のステージだったのですが
すごい、すごい。

MCで台詞忘れて「台本見せて」とか
曲の途中でカラオケが止まってしまったり
なかなか普段見ることのできないパフォーマンスでした。

中には小学生もいるそうですが
例えば曲の途中でカラオケの演奏が止まってしまったら
泣き出しても不思議じゃないのに
それでも自分たちの手拍子だけで最後まで歌いきった彼女たちに
感動してしまいました。

やり遂げるって凄いです。








※「えどKB」を「えどKB48」と勘違いしておりました。
知人から指摘があり、訂正させていただきます。
申し訳ありませんでした。
posted by iwajilow | 08:07 | 都民だもの | comments(1) | trackbacks(0) |
「雇っているわけじゃないから」という都の言い分…築地移転訴訟
海老蔵さんの記者会見は1時間半以上に及んで、すごかった。
僕は事件取材はまったくしてないので良くわかりませんが
西麻布は昔から「庭」ですね。
そういう中にあの「赤のれん」もあります。

さて昨日、「豊洲汚染土地購入に関する公金返還請求訴訟」の2回目の口頭弁論が開かれました。
これは築地市場移転に反対する裁判の一つです。市場の移転先として都が購入した土地が実は有害物質のベンゼンが環境基準の4万3千倍やシアン化合物が930倍など汚染されていたことがわかりました。「汚染なし」として高い値段で購入したのは違法な支出でしょといって160億円の公金の返還を求めたものです。
(詳しくはこちらへ)


この日は原告側の主張に反論する被告(都)側の書面の提出などでまだまだ書類のやりとりでした。


被告の都は基本的には十分な対策が行われるから問題ないという主張です。

ただ被告の反論の中でもさすが「東京都」と期待にこたえてくれる素敵な主張がありました。

「市場施設の利用に伴い危険が生じたとしても、生計を維持するため被告の市場施設に関する判断に従わなければならず、原告らは被告との関係で弱者的地位にある」という原告の主張がありました。つまりこれは市場が土壌汚染などで危険であっても移転が行われてしまえば、中卸なので一緒に移転しなければ生活できないでしょ。だから配慮しなさいよという主張です。

これに対する都の反論が「ザッツ上から目線お役人」っぽくてイカしています。

「使用指定は使用を希望するものが申請した上で知事から使用指定を受けるのであって、被告(都)が仲卸業者である原告らの稼動場所を指定しているわけではないから被告(都)と仲卸業者との間に雇用契約ないしはそれに類した関係があるわけではなく、被告(都)が雇用契約の使用者と同様な意味での仲卸業者の労務を管理するような立場にはまったくない。仲卸業者は公の施設たる東京都中央卸売市場築地市場の利用を許可された立場にあるのに過ぎない」

ごくザックリに言えば「都が仲卸を雇っているわけでもなんでもないんだよ。新しい市場に移ろうが移るまいが自分たちの自由でしょ。お宅らが商売したいって希望するから許可するのであって、いやなら別にいいんだよ」っていう意味ですよね?これまさに「それを言っちゃおしめぇよ」だと思います。築地市場が移転したらどんな状況でも一緒に移転しなけりゃ、商売上がったりでしょう。それをこっちは頼んでないんだからさ、っていうのは、すごいっすね。まさにお役人さまさまです。

僕はこういうもの言いする人に税金払いたくないなぁ。


訂正:中卸→仲卸に訂正しました。失礼いたしました。2010年12月8日
posted by iwajilow | 00:51 | 都民だもの | comments(1) | trackbacks(0) |
築地市場の豊洲移転はインチキでしょ、という裁判の第1回口頭弁論
昨日(28日)、「豊洲汚染土地購入に関する公金返還請求訴訟」、築地市場の移転のために購入した豊洲の汚染除去費用160億円を返還するように求める訴訟の口頭弁論が東京地裁で開かれました。
訴状では、「汚染が残っていないことを確認するか、汚染の除去費用を差し引いた価格で購入すべきところ、汚染地を 「汚染なし」 の高い価格で購入したことは違法な支出だ」と訴えています。

口頭弁論にあたり原告側の意見陳述が行われました。
原告住民代表の方は「都が公表していたものと異なる新しい汚染が次々と発覚しそのつど覆され、行政の発表することが信じられなくなっていきました」
といいます。
いつの間にか既成事実として「新市場駅」という駅が豊洲にでき、さらに幹線道路も地下を走る予定が地上を走る予定に変更されて市場を分断する形になっていったという都のやり方で不信感が増していったといいます。
「住民運動しなければ何も知らずに市場を移されてしまうところでした。私たちは真実を明らかにし、公正な手続きを持って市場を新たにするなら新しくしてほしい」
と語りました。

原告側の弁護士は「もともと東京ガスが操業していたこの土地は高濃度に汚染され、発がん物質の存在も明らかになっている。さらに東京ガスが盛り土をして安全であるとしていた盛り土さえ安全出ないことが明らかになっている」と言います。

しかし都側は今回のこの訴訟について「地方自治法の要件を満たしていない」として門算払いをするように裁判所に求めています。

今回の訴えは住民監査請求になるわけですが、この住民監査請求は地方自治法により「当該行為のあつた日又は終わつた日から1年を経過したときは、請求することができない」と定められています。
そしてこの東京ガスと都の売買契約が結ばれたのが平成18年(2月28日、11月12日、11月30日)で、住民監査請求を起こした日が平成22年4月1日であるから期限切れであるということです。

しかしこれについて原告側は平成18年当時、この問題を指摘することはできなかったと反論しています。

平成18年2月に、はじめの売買契約が結ばれた後、都は議会で「すべての土地が安全となるように処理を行っている」と答弁している。
さらにその後汚染物質が発覚したときには「東京ガスが処理する」と答弁していた。

これらの答弁が虚偽であることが明らかになったのは平成22年1月朝日新聞が「汚染処理は東京ガスに義務規定なし」という記事を掲載したときであった。

僕の手元には平成18年10月7日付の東京新聞の記事があるのですが、この記事には「土壌汚染が懸念されるという指摘に対して、こう書かれています。
「都新市場建設室は『豊洲の新市場用地は東京ガスが土壌を処理し都の環境確保条例に基づき国の指定する第3者機関の調査で基準を下回っていることが証明されており土壌汚染の懸念はない』と反論している」

その後どんどん土壌が汚染されていたことが明らかになってきたのは周知の事実です。

これ、民間企業が同じことをすれば間違いなく責任者のクビは飛ぶし、トップの責任問題に発展するでしょう。会社の存続すら危うくなります。しかし、都は生きているどころか、この計画をさらに推し進めようとしています。凄いところですね。

さて、1年経過したら本当に住民監査請求はできないのか?実は地方自治法には「正当な理由があればこの限りではない」という但し書きがあります。

この裁判は、住民監査請求の期間が過ぎたことが正当な理由によるものと裁判所が認めるかどうか、法的安定性より住民自治が優先するかどうかというところが最大のポイントだといいます。

でも、これ認められなければ、うそついてだまして進めればなんでもOKになりそうな気がしますが、どうなんでしょう。。。



2010年12月8日:「初公判」→「口頭弁論」に訂正しました。公判は刑事事件で使われる言葉で民事では口頭弁論だそうです。失礼いたしました。

posted by iwajilow | 01:19 | 都民だもの | comments(0) | trackbacks(0) |
民主躍進の影で…
猫も杓子も民主党となってしまい、とても残念です。
なんで、あの人も当選しちゃったの?という思いもありますが、そういった中でも都議会議員の中ではとても頑張って、不正を追及し続けた後藤雄一さんが落選してしまったのが最も残念です。

後藤さんは、「都立病院の宿直で酒盛り」が開かれているとか「選挙の時の公用車でガソリンの水増し請求」が行われているとか「都職員の各種特権」の問題とか、それこそ数限りない不正を追及していました。

つい最近も裁判所で見かけました。その時は「選挙の時のガソリン代、不正に請求した分を返還させろ」という裁判でしたが、お金がかからないように弁護士をつけない本人訴訟でした。

僕が初めて後藤さんの事務所で会った時に「そうかー、イラクに行ってたんですか。僕もあと10歳若かったら行っただろうなぁ」と言っていたのを覚えています。

以来、会うたびに「今、こんなことやっているんですよ」と話してくれていました。

朝日新聞の記事には「議員でなくてもやれることはある。これからも裏切りはしません」というコメントが出ていました。後藤さんはまだ59歳。ここからの後藤さんをさらに期待したいと思います。

ちなみに後藤さんのホームページはこちらです
posted by iwajilow | 07:25 | 都民だもの | comments(4) | trackbacks(0) |
踊らされない
言わずもながですが、明日は都議会選挙です。

本当に気をつけなければと思っています。

雰囲気に流されればあの郵政選挙と同じ。この人のいう政策が、自分の望んでいるものなのか。慎重に判断して投票したいと僕は思います。

与党を批判し弱者の味方と言っている党からの出馬でも、教育問題に強権介入したり、侵略戦争はなかったとする方々もいらっしゃいます。石原都知事の政策に全面的に賛成し、自ら石原応援団を名乗る方々もいます。

そういう政治行動に共鳴しての投票ならそれはそれで構いません。ただ僕は看板だけをみて投票するのは危険だと思っています。

騙されない。少ない給料の中から莫大な税金を毎年、納めているのですからきちんと判断したいと思っています。
posted by iwajilow | 22:39 | 都民だもの | comments(0) | trackbacks(0) |
防災訓練写真アップしましたー
昨日、行われた東京都の防災訓練・昭島バージョンをアップしました。

[防災訓練]

自衛隊も参加し、楽しいアトラクションがたくさんありました。
良かったらご覧ください。


自衛隊の方々とともに…


追記:僕はたとえ災害アミューズメントパークであっても、防災に対する意識を高めるためにも防災訓練は必要だと思っています。ただ、なんとなく胡散臭さを感じているだけです。(9/2夜)
posted by iwajilow | 16:20 | 都民だもの | comments(2) | trackbacks(0) |
9月1日は防災の日だけでよい?
横田基地に隣接する市町での合同防災訓練。
もちろん米軍も自衛隊も参加。
さすが、石原都知事という感じす。

僕は昭島で行われた防災訓練を見に行ってきました。

米軍の姿こそなかったものの、自衛隊はきちんと参加されておりました。

※この模様は改めて写真集にアップします。

さて84年前の9月1日に関東大震災が起こったことから、この日が「防災の日」となったのでしょうが、実はそれだけでいいのか?という動きが少しですがあります。

この関東大震災をきっかけに、在日朝鮮人やアナーキスト、共産主義者たちの大虐殺が起こったではないか。それを忘れてはいけないだろう、というものです。

「関東大震災から84年目、防災の日の行事をやっていますが、関東大震災を自然災害という側面からのみ語られている。関東大震災は人災であって多くの朝鮮人、朝鮮人と間違われた日本人、多くの主義者という人たちが虐殺されたのです」

関東大震災・朝鮮人虐殺84周年 9・1集会で日本人シンドラーといわれた布施辰治さんのお孫さんである大石進氏はこう話始めました。


朝鮮人虐殺84周年集会


大石進さん

布施辰治氏は弁護士でしたが、関東大震災のときは朝鮮人虐殺、亀戸労働家虐殺、大杉栄夫妻殺害の糾弾、その後義烈団事件の弁護、朴烈・金子文子の弁護などに携わり、権力にひるむことなく戦い続けた方です。

関東大震災後の朝鮮人虐殺に関して布施氏は9月20日に自由法曹団会議を開き調査を始めます。
殺された朝鮮人の数は?
なぜ殺されたのか?
下手人は誰か?
殺害方法はどんなだったか?
死体はどうしたのか?
下手人の責任に関する捜査は?
などについてです。

この調査に関して警察や内務省は協力しないばかりか妨害をして調査が進まないようにしたといわれています。それでも布施氏は独自に聞き取りなどの調査を進めたそうです。

殺された人数については当局の発表では朝鮮人2百数十名、日本人、中国人を合わせておよそ300名でした。しかし、布施氏の調査ではこれは全くのデタラメで少なくとも桁が一つ違うという結論になったそうです。(一説には6000人とも言われています)

朝鮮人暴動、井戸に毒を入れた、放火をしたという流言飛語がなぜ飛び交ったのか?という疑問について当局はこの問題を意図的に避けていたそうです。組織的に流したのではないか?と布施氏は感じました。
暴行、脅迫、強姦、放火などの事実があったので善良な朝鮮人も巻き込まれてしまったと当局はいっているがこれはデタラメである、としています。少なくともそういった容疑でつかまった朝鮮人は一人しかおらず、また強姦された、暴行を受けた、法化されたというような被害者の名前も加害者の名前もわかってないそうです。

また警察は虐殺犯人はことごとく自警団であって警察はやってないとしていましたが、当時逮捕されているのは、日本人を朝鮮人と間違って殺害し逮捕されたものであり、それですらすべて警察の教唆、示唆でやったといわれています。事実、自分の知り合いの自警団の団長も警察から武器を用意するようにといわれたといったそうです。

また憲兵が「朝鮮人が暴動を起こした」とメガホンで言って廻ったり、兵士が朝鮮人を虐殺していたという目撃情報も多数あるそうです。

しかし、竹やり、刀、針金、拳銃などで朝鮮人を殺した実行犯はほとんど捜査も謙虚もされませんでした。

こういった中…でもないのですが、どさくさに紛れて官憲に拉致された大杉栄らも殺されてしまいました。

が、しかし9月1日の今日、こういった出来事に対する反省はゼロですね。さらに真相を自ら究明しなければという動きもゼロ、少なくともゼロに見えます。

ほんと、被害者としての自分は大好きだけど、加害者になったとたんに忘れてしまうという権力の素敵なところだと思います。

昭島市でも、こういった出来事を忘れるな!と米軍と合同の(合同に見える)今回の防災訓練に反対する方が朝、反対のシュプレヒコールをしていました。


防災訓練に反対する方々

もちろん警官がべったり張り付いて、公安がビデオと写真を撮っていました。


手前にいるのは公安の皆様ですね

僕は防災訓練に参加している善良な市民の方が戦争当時の隣組のようにみえてしまい、訓練そのものが『鬼畜米英』を倒すため官憲の命令でやらされていたバケツリレーや竹やり訓練のように見えてしまいました(もちろん災害に対しての啓蒙や訓練は大切なことだとは思いますが…)。自治会の方々が嬉々として警察や自衛隊に協力している姿がものすごく怖かった。


反対のシュプレヒコールの中、地元の方々が防災訓練に参加

そして『反対』を叫ぶ人々が当時、『戦争反対』と叫んで非国民扱いされた方々のようにみえました。





posted by iwajilow | 23:56 | 都民だもの | comments(0) | trackbacks(0) |
石原都政が続く…
社会的弱者を徹底的に差別してきた石原氏が再選しましたね

まぁ奇跡は起こらなかったというわけことですね。
無力感を感じます。

社会的弱者というのはやはり世の中のマイノリティーなので、そこに手を差し伸べなくても大勢には影響しないのですだね。ようは普通の人たちがそこに目を向け、怒りを共有するかということなのですが、目を向けない、共有できない世の中になっていることなんですね。

身体障「害」者に「あの人たちに人格あるのかね」と言ったとしても身体障「害」者でない大部分の人には痛みはありません。
(「人権」→「人格」の誤りでした。訂正します)

「日の丸・君が代」に反対する教員がどうなったって当事者以外はその痛みを感じません。

弱者を攻撃をすることで、普通の人のもつ「嫌らしい心」→(「三国人」発言や「ババァ」発言など)を代弁していた石原氏のことを「本音をいう素晴らしい人」と感じる人が多かったということだと思います。
きっと他の候補者に対して「きれいごと言うんじゃないよ」と思ってしまうのでしょう。
でもね、その「嫌らしい心」はいつか自分に跳ね返ってくるんだと思うんですけどね。

これから先、病院の統廃合なども進み暮らしにくくなるでしょう。教育に関しては「日の丸・君が代」がさらに徹底されることになるでしょう。在日の方、障害者の方に対する差別ももっと厳しくなるでしょう。
知事交際費を使っての豪遊も信任されました。一人当たり年間720万円の上る都議会議員に対する政務調査費に関してもきっと領収書添付などの透明化は進まないでしょう。(なんと領収書のいらない政務調査費が月60万円!→もちろん日本一→今年のワースト議員特権大賞→もちろん知事の特権ではないですが…)
四男はもっと仕事をもらえるのかな?

参考(読売新聞より)
2007年02月09日(金) 22時37分
都議会に「ワースト議員特権大賞」(読売新聞)
 地方議員への表彰制度や政務調査費額などを比べて「ワースト議員特権大賞」を決めるコンテストが9日、東京都千代田区の日本教育会館で行われた。
 議員の厚遇廃止を求める全国の無所属議員らが、税金の無駄遣いとなる議員特権をなくそうと企画。審査委員5人と会場の約120人の投票で、大賞に東京都議会を選んだ。2番目は横浜市議会。
 昨年秋から、都道府県と市区町村の全議会事務局に議員への表彰制度などをアンケート。優遇内容を検討し、候補として、8議会と全国市議会議長会を挙げた。
 都議会の優遇内容は、月60万円の政務調査費の支給や、在任25年以上の議員を対象にした太田道灌の銅像や肖像画の贈呈などだった。
 審査委員長の畑山敏夫・佐賀大教授(政治学)は、「議会の特権的な体質を改めるため、有権者も実態を知ったうえで、選挙で市民感覚を持った議員を選んでほしい」と話した。



けれども悔しいので僕は怯まず暴き続けます。というか納得できないことは納得できないと頑張ってリポートしていきます。(その手段がテレビになるかブログになるかはわかりませんが…)

っつーかあんなファンファーレにあわせて登場したりとかさ、議長の挨拶とかさ、国会議員の挨拶とかで偉さを演出されても僕は白けるだけでしたけどねー。

【昨日の演説の映像はこちら】

追記:昨日の演説で感じたこと
浅野さんの演説は声援が飛んだり旗が振られたりして応援者が参加している感があり盛り上がっていたように感じました。対して石原氏の演説を見物する人たちは浅野さんの倍以上いましたが、拍手もまばらだったし、応援しているというよりは石原氏を見にきているという感じでした。
今回の選挙結果はこの状況がそのまま表れたような気がします。

posted by iwajilow | 21:18 | 都民だもの | comments(0) | trackbacks(0) |
投票日だー
新宿にGパンを買いに行ったら上空にヘリが5機も舞っていました。


上空を舞うヘリ

候補者の演説の空撮を狙うヘリらしいです。

明日は(っていうかもう今日だけど)都知事選の投票日なんだなぁ。。

でね、西口では石原氏、東口では浅野氏がそれぞれ最後の演説をするところでした。


新宿駅東口


新宿駅西口

西口のほうは色々な偉い地位にある方々が何人も挨拶をし、最後はファンファーレとともに候補者が登場するというパフォーマンスでした。
わりと粛々と進行していた印象があります。
それと共生新党(黒川紀章氏)が何度か石原氏の選挙カーの前を横切って行きました。あれもパフォーマンスなのかな?


ファンファーレ

東口のほうは候補者が他の人の応援演説の間もずっと選挙カーの上から手を振っておりました。聴衆の方々も旗などを振っておりました。

政治信条が違えば当然ながら選挙のスタイルも違うんですね。

そんな様子を見ながらGパンを買いに向かったのですが、裾上げに時間がかかることが判明し、結局五反田でGパンを買いました。

明日はちゃんと投票に行きますだ。

posted by iwajilow | 00:41 | 都民だもの | comments(0) | trackbacks(0) |
浅野さんと都民が東京を語る会
昨日、中野ゼロ大ホールで開かれた「浅野さんと都民が東京を語る会」に行ってきました。
1時間ほど遅れて行ったのですが、およそ1300席のホールは7割がた埋まっているという感じでした。


浅野さんと都民が東京を語る会

遅れていったからかもしれませんが、僕の観た後半は浅野さんはほとんどしゃべらず、都民の方々がそれぞれしゃべり浅野さんがそれを聞くというスタイルでした。
しかも所謂「偉い人」が壇上に出てきて話すのではなく浅野さんのことを官僚時代から何年も慕っている障害者の方とか、市井の人たちが話しておりました。

普通、政治家の講演会というと政治家が演説をし続ける、あるいは他の知名度のある政治家の人、有名人などが出てきてちょうちん持ちして盛り上げるというイメージだったので、これも浅野さんのスタイルなんだろうなぁと感じました。

そんな中、勝手連的に色々な団体が浅野さんを応援しているのですが、
「選挙が終われば敵よりも味方が怖い」と著書で著している通り、色々な要求をつきつけそうな市民団体も応援しているようでした。

昔、元外務省の天木さんが一人で小泉前首相の選挙区から立候補したときに「なんでどこからも推薦とか受けなかったのですか?」と聞いたら、「だって応援してやったんだからこれこれしてくれなんて言われるのが本当に迷惑なんですよ」と言っておりました。
その通りなんでしょうね。

是は是、非は非として通すことが市民団体相手だとかえってすごく難しいかもしれないですね。

さてさて会の後、記者会見がありました。で、けっこう細かいところまで話しておりました。


記者会見1

公共事業に関しては「無駄な公共事業というのはないんですよ。優先順位をどうしていくのか、財源をどうしていくのか、というのが問題」と言っておりました。

築地の移転問題については
「ずばりってワケには行かないんでよね。築地行って来ようと思っているんだよね、もちろん走って行こうと思っている。」


記者会見2

オリンピックに関しては
「それを招致するということだけみればいいこと。だけどそのためにいったいお金がどれくらいかかるの?それが誘致に成功する条件はどういうことなの?そういうことを打ち出さなければいけない」

丸山弁護し対しては
「こうなったら自分でやるしかないですよね。自分を打ち出していって。俺が一番って。2位も3位も同じですから」

候補者が増えるということは?
「本当は良くない。マラソンでも何でも出場者が少ないほうが優勝の可能性が高くなる」

「日の丸君が代」問題についても触れていました。
「『日の丸』『君が代』については色々な考え方があって、私は『君が代』『日の丸』っていうのは法律にも定められているし、個人的には好きというか何の抵抗もないのだけど、それを強制して、さらに懲罰、懲戒処分にするということをすると現場がめちゃくちゃになっちゃうということなんで、それは分けて考えなければいけないと思っている」

前回の都知事選よりは面白くなりそうな気がしております。
posted by iwajilow | 22:51 | 都民だもの | comments(3) | trackbacks(1) |