Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
韓国・映画館でたべるイカを買ってみる
前回、韓国に来た時に映画館では「するめいか」を食べる、ということにびっくり仰天してました。

[前回のブログ]

今回も映画館の前で「するめいか」を見かけたのでその「するめいか」を買ってみました。



僕が買ったのはゲソなのですが、なんとポップコーンのような入れ物に入っているのですね。



しかも買うと焼いてくれるのです。


たぶんバター焼き

ほんのりと甘い感じでおいしいのですが、やはり、のづらで食べていると飽きます。しかも歯にはさまる。

さらにロケバスの中に持ち込んだらみんなに「臭い、臭い」と非難されました。映画館だと食べると窓もないんだぞー、などということを思いながら僕的には映画を見ながら食べるのはポップコーンの方がいいと感じました。

まぁ「郷に入っては郷に従え」なんでしょうが…


5000ウォン(400円位)でした
posted by iwajilow | 08:47 | いわぢろうの旅日記・韓国編 | comments(0) | trackbacks(1) |
懐かしい韓国の街角
韓国の下町には、露天のお店がたくさん並んでいます。

そういえば、僕の子供のころの日本もこういう風景があったなぁと、懐かしい気持ちになります。

スーパーとかもいいけど、こういう風景は味があるなぁと思います。

こういう風景を失うことと引き換えに僕らは便利とか清潔とかを手に入れたのでしょうけど…。


市場通り


魚屋さん


ドジョウ


八百屋さん
posted by iwajilow | 09:13 | いわぢろうの旅日記・韓国編 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国・辛いよー地獄
昨日から韓国に来ております。

が、僕は辛いものが苦手なため、かなり地獄のような苦しみを味わっております。

まず、昨日の夜、コンビニでホテルで食べようとカップ麺やらおにぎりを買ってきました。

韓国のカップ麺は真っ赤な外観のものなどが多く、警戒してあまり辛そうでないものを買ってきました。


カップ麺1100ウォン(90円くらい)、おにぎり700ウォン(60円くらい)

ところがこれが裏目。

3分たって蓋を開けたらとんでもないことになっていました。



恐る恐る一口食べると、これが半端なく辛い。

ヒィーヒィー言いながらおにぎりで辛さを中和しようと思ったのですが、これがまたガビチョーン。



なんとキムチツナ!
そんなの日本にはないズラー。
と叫んでみても後の祭りでした。

結局、水だけ飲んでしのぎました。
あとで通訳さんに聞いたら「これ、キムチラーメンって書いてあるでしょ」と言われてしまいました。
とほほ…。

さて気を取り直して、本日の昼ごはん。

辛くない冷麺を頼みました。


冷麺6000ウォン(500円位)

ところが、韓国の人の「辛くない」は結構辛いんです。

で、ここも気を取り直して、餃子で口直し…と思いきや、この餃子が半端なくでかい。


思わずたばこの箱を並べてみました。5個入り6000ウォン(およそ500円)

そしてなぜか、辛い。。。
でもって、醤油も辛い。。。



なんで醤油に唐辛子が入っているんだよー、と思わず叫びたくなりました。


夜はどうしても辛くないもの、と思い。焼肉へ。



焼き肉は唐辛子やら、辛味噌をつけなければ辛くないので安心です。

と思いきや…。
出てきたスープがとてつもなく辛かった。




「郷に入っては郷に従え」はわかっておりますが、僕の場合辛い物を食べると次の日にかなりお尻が辛くなるので、こればっかりはシャレにならないです。。
posted by iwajilow | 20:39 | いわぢろうの旅日記・韓国編 | comments(2) | trackbacks(1) |
高いか安いか…韓国の屋台
現在、僕の滞在している街には夜になると博多のようにたくさんの屋台が出てきます。



時間も夜の7時から明け方までとほぼ博多タイムです。

ところが博多の屋台はラーメンだけ食べるのは安いのですが、つまみをバンバン食べたり、お酒をガンガン飲んだりすると平気で一人5千円とか1万円とかいってしまいます。

はたして韓国はどうなんでしょう?ドキドキドキしながら暖簾をくぐりました。



さて通訳さんの話によると大まかな値段の目安として魚類は1万ウォン(約1000円)野菜類は5000ウォン(約500円)ラーメンやうどんは3000ウォン(約300円)くらいだそうです。

これだけ聞くとあんまり日本と変わらない気がしますが、まずは量が半端なく多い。僕らが頼んだタコも日本の3倍くらいの量がありました。


タコはゴマ油もしくはコチジャンで食べます

さらになんだかサービスが多い。僕らには「日本の人は玉子焼き好きでしょ、遠くから来たんだからサービスにするよ」とママさんが玉子焼きを作ってくれました(これも量が多かった)。


サービスの玉子焼き…卵3個は使っていると思われる。中には野菜がたっぷり。

さらにお通しなのかサービスなのかよくわかりませんが、味噌キュウリやトマトサラダも出てきました。

さてさて僕らはこの他にえびの塩焼き半人前、ムール貝のスープ半人前、銀杏半人前(とにかく1人前は量が多いので)を頼みました。通訳さんの見立てによれば、これと1万ウォンのタコで2万2500ウォン(2250円)です。
さらにこのほかにビール2本と焼酎1本(350ml)を頼んでいます。

で、お代はというと…トータル2万9千ウォン(約2900円)でした。すると、飲み物は650円ということなのかしらん?

まぁ、値段は謎ですが、とにかくお腹いっぱいになり幸せな気持ちでお店を出ました。

どんぶり勘定って素敵ですね。



posted by iwajilow | 22:39 | いわぢろうの旅日記・韓国編 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画館ではするめいかを…韓国です
昨日から仕事で韓国へきています。

韓国には何度か来たことはあったのですが、知らないことがまだまだたくさんありました。

たとえば、映画館の前に屋台がたくさん出ているのですが、これはここで食べ物を買って映画を見ながら皆さん食べるそうです。

で、その売っているものはポップコーンやらポテトではないんですね。

魚のすり身を干したものや、スルメイカなんです。


映画館の前の屋台

「めちゃくちゃ臭うんじゃないですか?」と聞くと
「みんな食べているから平気」とのことでした。

さらに夕食にマグロ定食(約1200円)を食べたのですが、この定食には韓国海苔が付いておりました。これはご飯用ではなくて、まぐろのお刺身を韓国海苔で包んで食べるそうです。

僕もやってみましたが、うーん、僕は日本風にわさび醤油でいいです。。。


マグロ定食

所変われば習慣も変わるんだなぁ、と改めて実感しています。

posted by iwajilow | 08:29 | いわぢろうの旅日記・韓国編 | comments(3) | trackbacks(0) |