Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
本物のジャンジャーエール
阿久根市の竹原市長が失職しました。

竹原氏失職、出直し市長選出馬へ=賛成過半数でリコール成立―阿久根市の住民投票
時事通信 12月5日(日)23時31分配信

 議会閉会中に専決処分を連発するなどした市政運営を争点に、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)に対する解職請求(リコール)の賛否を問う住民投票が5日投開票され、解職賛成が有効投票総数の過半数を占めてリコールが成立した。竹原市長はこれにより失職、50日以内に出直し市長選が行われる。竹原氏は、議会から2度目の不信任決議を受けた2009年4月に続く2度目の失職で、出直し市長選について記者団に「出馬する」と述べた。


残念ながら僕は阿久根市に住んだこともなければ行ったこともなく、また竹原氏ご本人にもお会いしたことがないので、なんとも言えません。ただ副市長の仙波さんには何度かお会いしたこともあります。仙波さんは無償で副市長をしていらっしゃいました。

その仙波さんが僕に送ってくれたメールの中に竹原氏についてこう書かれていました。

「竹原市長は非凡な人物です、が、メディアとの関係、言動等々で正しく伝わっていません。しかし彼はそのことに躊躇することなく、交易のために全力投球しています。そこに惚れて(信用して)無給で副市長をしています」。

さてその話とは全く関係ないのですが、先日、本物のジンジャーエールを飲んできました。恥ずかしながら今までジンジャーエールと言えばカナダドライしか知りませんでした。でもジンジャーエールだからショウガなんですよね。

こんなん出てきました。(もちろんレシピにはお店の秘密があるのだとは思いますが)大まかに言うと、ショウガにはちみつ、それと炭酸水です。


ジンジャーエール680円

ちょっと辛くて、でも飲むとお腹がポカポカします。冷えないんですね。大量生産されて常識と思い込んでしまっているものと、本物の違いを実感させられます。目からウロコでした。

このお店、自然食や素材を生かした手づくりの料理がとても美味しいし、器も凝っていていい感じです。

ほかにこんなものを食べました。


栗の唐揚げ630円


自家製しめ鯖780円


サーモンとジャガイモの豆乳鍋1050円


おからのサラダコロッケ840円


素食おもてなし料理 野饗(のあえ)
03-3724-9199
東京都目黒区自由が丘2-2-2
営業時間 17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日 火曜日


posted by iwajilow | 08:46 | 自然食の愉しみ | comments(1) | trackbacks(0) |
結構イケました
さて、初めてのベランダ菜園で作ったサラダ菜ですが
放っておいても仕方ないので食べることにしました。

けっこう、泥を取るのが大変なんですね。

よく洗って、オリーブオイルと塩を振りかけます。

恐る恐るの一口。

おおっ? おおっ!と。



いや、これがなかなかほろ苦くて、でも柔らかくていい感じです。


自分で作ったものを自分で食べるのはいいですね。

ゆくゆくは米作りに挑戦だ!と妄想は広がります。

さて、プロの農家の方に聞いたのですが、
気温が高い時、こういった葉物は覆いを被せるなどして
直射日光に当てないようにした方がいいそうです。

太陽の光が強すぎて、葉が溶けてしまうそうです。

日々是勉強です。。


posted by iwajilow | 00:22 | 自然食の愉しみ | comments(0) | trackbacks(0) |
初めてのベランダ菜園
自給率向上・草の根運動はまず足元からと思いたち
ベランダ菜園なるものにチャレンジしました。

ところが僕は小学校から、こういった「植物を育てる」がとても苦手です。
夏休みの宿題だった「アサガオの観察日記」などもなぜか発芽せず
「日記が書けない〜」と泣いていた記憶があります。

そんなわけで、こういったチャレンジがうまくいく自信が全くありません。
ミニトマトやキュウリはなんていうビッグネームはとても無理。本当に簡単そうなものからチャレンジしました。

選んだのは種まきから2週間程度で収穫可能というベビーサラダミックス。
こういった感じになるそうです。



で、播いて2日後くらいには芽が出て今回はうまくいくかもと淡い期待を抱きつつ、本日で2週間が経過しました。

すると…



あれ?カイワレ大根?
なんか、違いませんか?
これ食べていいのかなぁ。。。

posted by iwajilow | 07:13 | 自然食の愉しみ | comments(2) | trackbacks(0) |
田植えを手伝う
僕はかれこれ3年くらい毎週、とある農場から野菜を送っていただいています。

今日はその農場で田植えがあるということで手伝いに行ってまいりました。
恥ずかしながら生まれて初めての田植え体験です。

午前中、苗取りという作業をします。密に生えている苗をほぐして
藁でまとめるという作業です。こうすると田植えがしやすい。田植えの準備作業ですね。
これは座ってできる作業なので、それほどきつくない。逆に泥が気持ちいいくらいでした。


苗取り


お昼御飯のあと、午後からいよいよ田植え。

これが思ったより難しくなおかつきつい。

粗植一本植えという方法なのですが、横は40センチ間隔、縦は15センチ間隔で植えていきます。

「中指、人差し指、親指の3本指で苗を持ち、植える瞬間は中指だけを根とともに入れる。植えるというよりは刺すという感じで」と教えられたのですが、なかなかまっすぐ苗が立ちません。

また深く刺しすぎるといけないということで、意識的に浅く植えたのですが、振り返ると植えた苗が風に吹かれて田んぼに浮いていたり…。

さらにこの中腰の体勢がきつい、きつい。ヒンズースクワットをしながら歩くみたいな感じで、10歩もあるかないうちに膝が笑ってきました。。

しかし、本職の人は早い、早い。僕の倍くらいのスピードでパッ、パッと植えていきます。自分が都会のひよっこであることを痛感しました。。
リタイアしたら農業でもやろうかなんて漠然と考えていましたが、農業ってそんなあまっちょろいもんじゃないですね。やはりやっている方はプロです。自分の浅はかさを反省しました。


田植え


5時までかかって2反歩(2000屐砲7割くらいを植え終わり、今日の作業は終了しました。


終わりました

僕は腰が砕け、今なお膝がガクガクしております。

田植えが日本人の考え方に与えた影響って大きいと思うのですが、
例えば「苦しくてもそれは必ず報われる」とかはまさしく田植えから生まれた考えなんだろうなと思いました。

今、苦しくても必ず秋には笑えると思って頑張る。逆に今頑張らなければ秋には絶対笑えないし。。

そして、そう思って苦しいことに耐えちゃうんですね。


お昼御飯はこの農場でとれた野菜で作った料理をごちそうになりました。串カツは豆腐のカツでした。うまかぁ。。
posted by iwajilow | 22:54 | 自然食の愉しみ | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりにオーガニックランチ
普天間の移設問題。日本の領土なのに外国の軍隊を移動させることもできない現実を改めて思い知ることになりました。

脅されているんだろうなぁ…。

貧乏でいいから土と太陽と海と素朴な野菜で暮らしていけないものなのだろうかと思います。別にコーラやハンバーガーなんて食べなくていいです。CGを駆使した映画も見なくていいです。僕は葉っぱの匂いや潮風で満足です。

でも逆らうと、それすら許してもらえないのかもしれません。

そんなことを思いながら久しぶりに自然食レストラン「みさとや」さんでランチをしました。

ここのご主人にはインドのウラン鉱山の資料をもらったりしたこともあります。自然食はもちろんですが、平和運動やエネルギー問題に造詣の深い方です。

お店では前方部分にオーガニック野菜などを売っていて
奥にレストランがあります。

おからコロッケ、かなりいけました。



コロッケランチ 788円


みさとや
042-487-1714
東京都調布市布田2-2-6
営業時間 11:30〜20:00
定休日 日曜・祝日


posted by iwajilow | 20:53 | 自然食の愉しみ | comments(0) | trackbacks(0) |
収穫祭
鳩山献金問題ってそもそも親が子供を援助したって話じゃないですか。企業から違法な献金をもらって便宜をはかったわけでもないわけですよね。

個人献金や企業献金の上限というのは、そもそもその枠を超えて献金するということが、過剰な便宜供与を与えられる危険性がありからと認識していたのだけど、違うのかなぁ。。。

脱税というのは、税金をだまし取るのと同じで、そういう点では違法行為の疑いがあるのだと思います。でも違法行為すれすれの節税ってお金持ちはけっこうやっていますしねー。これも一応「貸付」という言い訳はあるわけですね。そういう意味では僕は検察のほうもよくわからない。

これって鳩山首相のアキレス腱を握ることで可視化法案阻止とかそういう目的があるわけじゃないことを願っています。

もちろん、首相が犯罪を犯すことは許せないという正義感でやっているんでしょうから、森元首相と西松と北陸新幹線の関係なども解明していくんでしょうねぇ。あれ?西松疑惑は二階さんで終了なんでしたっけ?

不思議だなぁ、などと思いつつ昨日は収穫祭なるものに行ってきました。

僕は数年前から「スワデシの会」という農場に月々いくばくかのお金を振り込みその代りに、そこから野菜を送ってもらっています。

スワデシというのは「国産品愛用」という意味でガンジーが使いだした言葉だそうです。

この会では毎月決まった量の野菜が来るというシステムではありません。

豊作の時はたくさんの野菜が届き、不作の時はそれなりの野菜が届きます。「百姓と農業を共有し応援して下さい」というシステムです。

採れたもの、旬のもの、今年はこれが美味しいよと自然界が言っているものを食べるというところが気に入っています。

さて、その収穫祭ですが、とれたての野菜がずらっと並びました。さらに先月とれたばかりの新蕎麦を打っていただきました。これも相当美味しかった

餅もつきたてです。











カリフラワーを揚げたものも、ものすごくおいしかったのですがこれ、色が黄色いんですね。なぜなら絞ったばかりの菜種油を使っているからだそうです。本当の菜種油は黄色く菜の色がつくとは知りませんでした。



今年の秋は雨が多く異常だと言っていました。稲を天日で干すのでまだ乾乾かしていないコメが半分以上残っているそうです。

天日で干した米って、機械乾燥に比べて数倍おいしいんですよね。。。





posted by iwajilow | 07:31 | 自然食の愉しみ | comments(2) | trackbacks(0) |
肉魚を一切使わないトンコツ風ラーメンに楊枝の立つ卵
今日、日比谷公園で行われた「土と平和の祭典」に行ってきました。



美味しそうなものがたくさんあったのですが、さすがに年とともにあんまり食べられなくなってきたので厳選して食事をしました。

まずは「肉魚を一切使わないトンコツ風ラーメン」700円。



野菜と豆乳でスープを作っているそうです。見た目はまさしくトンコツラーメンなのですがしつこくなく、あっさり食べられます。あのトンコツ特有の臭みもありません。

具も野菜でいいです。ナスがラーメンに合うとは発見でした。スープまで全部飲みほしてももたれません。こういうのいいですねぇ。

このラーメンを出していたのは東久留米にある YOUR BIG FAMIRYというお店なのですが、このお店のレギュラーメニューだそうです。

パレスチナビールなんかもあるそうなのでチャンスがあったら行ってみよう。

さてもう一つ買ったのが6個で500円(高っ!)の卵。薬剤や添加物を一切使用ししない自家栽培、自家配合のえさで放し飼いの鶏の有精卵だそうです。



さっそく、卵かけご飯にしました。



黄身の色が薄いのは、濃くするために餌に着色料を入れてない証拠と聞いた事があります。なので自然に近い餌を与えている卵の場合、黄身は薄い黄色をしているそうです。

で、濃い卵は楊枝が立つと聞いたことがあるのでこれも実験してみました。



立ちましたー。

で、この卵はタ・マ・ゴ!と主張していました。ものすごく濃厚で迫力がありました。

昔の人が卵がぜいたく品だったといいますが、コレものすごく贅沢な味です。

今の卵とはかなり違いますねー。

なんかいろいろなものが安く手に入るようになって豊かになったと錯覚してしまうのですが、実は僕らが普段食べているものは卵にしろ野菜にしろ似て非なるものなのではないかなぁ。。


posted by iwajilow | 17:53 | 自然食の愉しみ | comments(3) | trackbacks(0) |
半農半タクシー
岡山で乗ったタクシーの運転手さんが
「僕はタクシーに乗務してない時は百姓やってるんですよ」と話しかけてきました。

小さい田んぼで自分たちの分だけ作っているそうです。

極力、無農薬で、「虫がついても病気になってもまぁ、食べる分くらいは残しておいてくれるだろう」と、放っておくそうです。
「今まで何も残らない時はなかったから」

途中で田んぼの水を抜く中干しという作業があるそうです。周りの田んぼが中干しをしている時期、運転手さんの田んぼにはまだおたまじゃくしがいるそうです。そこで水を抜いてしまうと、おたまじゃくしが死んでしまうので、おたまじゃくしがカエルになってから中干しをするそうです。

「カエルがいないと害虫を食べてもらえなくなっちゃうんだよね」と笑います。

その運転手さんが言っていたこと。
「稲刈りした後、稲を干しているのを見かけるでしょう。あれは自分たちが食べる分だけ、天日干しするんです。出荷する分は機械で乾燥させます。そのほうが手間かからないから。でもね、味は全く違いますよ。天日干しの米のうまいこと、うまいこと」

羨ましい特権です。
posted by iwajilow | 21:21 | 自然食の愉しみ | comments(0) | trackbacks(0) |
ドレッシングは肌に負担をかけるそうで…マクロビの料理講座
週末に鎌倉でマクロビオティックの料理講座に参加してきました。

この日のメニューは「ベジ豆腐キッシュ」。

「本来は卵とかベーコンとか使ってかなり濃厚に作ります。
それをマクロビ風にするとどうなるか」と始まりました。

さすがマクロビ、ところどころに含蓄のある言葉の聞かれる料理教室でした。

薄力粉と地粉に菜種油と豆乳を混ぜ合わせたものとあわせて生地から作ります。
具のベースは木綿豆腐や長いも、そこに梅酢、豆乳、葛粉、白味噌。それをフードプロセッサーでクリーム状にします。

で、先生は「本とはフードプロセッサーを使わないほうがいいんです。すり鉢とかのほうがいいんです」

「なるべく機械を使わないで手でやったほうが食材に負担をかけないんです。電子レンジなどはもってのほかです」

なるほど…。

さて具にはオリーブオイルでニンニクを炒めた後、たまねぎ、赤パブリカ、マッシュルーム、ブロッコリーなどを炒めます。

ニンニクは良く炒めないのと「生臭さが残る」そうです。

「炒めた野菜の水分が一番美味しいところなので、煮締めるようにするといい。そこがうまみのエッセンス」なんだそうです。

勉強になります。

そんなわけで野菜とクリーム状になった豆腐ベースを混ぜて生地に流しいれて180度のオーブンで30分焼いて出来上がりです。

で、付け合わせのサラダのドレッシングも手作りなのですが
ドレッシングは「使う分量だけ作ってすぐ食べる」のが良いそうです。「油は酸化しやすいので体に良くない」し、「余分な油は体をめぐり目詰まりを起こす」ので「肌には特に良い影響を与えない」そうです。特に「ナマの油は体に負担をかける」ので「湯煎などをして少し温めた方がいい」そうです。

こういうことを教えてくれるので女の人の参加者が多いのですね。ちなみに20人近い参加者がいましたが、男は僕だけでした。小さくなってました。。


キッシュ、玄米おにぎり、サラダ、人参のカレー風味ポタージュ


講師の富川浩一シェフ

posted by iwajilow | 23:00 | 自然食の愉しみ | comments(0) | trackbacks(0) |
都内で一番美味しい自然食レストラン
と、評判の「根津の谷」に行って来ました。

どんな気取ったところだろうと思っていたのですが、
レストランというよりも喫茶店とか食堂っていう空気の
ものすごくカジュアルな感じのお店でした。



なんといっても雑多な自然食品店の一角に作られているのが良い。

そして何より、メニューが良いです。
納豆定食や豆腐定食、カレーライス(サラダ付き)って
全然気取ってないです。

僕は日替わり定食(1100円)を頼みました。



肉の入ってない野菜ギョーザにかぼちゃの小豆がけ、お味噌汁に玄米ご飯と小鉢がもう一品(にんじんとヌタの炊いたものだったっけかな)でした。
普通に美味しかった。玄米ご飯もとても丁寧に炊かれている感じで、とても柔らかくて美味しくいただけました。

レストランで出しているおかずやご飯をお店部門で、そのままお惣菜として売っているのもいいですね。

値段は普通のランチに比べると2割〜3割増しでしょうか。

自然食レストランも色々ありますが、このくらい偉そうでない食堂もいいです。

文京区根津1−1−14 TEL 03−3823−0030
千代田線根津駅1分 店内営業 午前10時〜午後9時 日曜日は休み
レストラン営業時間 午前11時30分〜午後2時30分 日曜休み
          金曜日は夜営業6時〜9時まで
          レストランは祝日も営業
posted by iwajilow | 20:58 | 自然食の愉しみ | comments(4) | trackbacks(0) |