Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
レイキャビックで食べたあれやこれや〜レイキャビック便り番外編
おお、回っている!
と、なんとレイキャビックにも回転寿司屋がありました。なんでも日本人の女性が経営しているそうで、回転台は韓国製だそうです。でも従業員はアイスランドの方々でした。



が、しかしやっぱり安くはないのですね。
一番安い皿で180ISkr≒360円、後は230ISkr、280ISkr、380ISkr、480ISkrと続きます。つまり一番高い皿は約960円なのですね。しかもみんな一貫づつです。で、どんなものが回っているのかというと、一番安い180ISkr≒360円の皿はかっぱ巻きでした。主流は280ISkr≒560円でまぐろ(赤身)やイカが回っていました。
お客さんはほとんどがセレブっぽいカップルでしたし、そういうものなんでしょうね。


ネギトロ巻き280ISkr≒560円

さてさて日本を離れていてどうしても恋しくなってしまうのがラーメンなのですが、レイキャビックでも発見しました。

こちらは890ISkrとどちらかといえば庶民派の値段(それでも日本人にとっては高いのですが…)。で、どうやらこのラーメン大人気らしく、この中華料理店では僕が行ったときに20人くらいお客さんがいたのですが、そのうちの10人はこのラーメンを食べていました。
さてさてそんな人気メニュー、どんな味なのかというと…うーむ、なんだか懐かしいぞ。。
なんだろう、この懐かしさは?と考えながら食べていて思い出しました。これ、アッポロ一番の麺です、たぶん。



そもそもアイスランドで寿司やラーメンを求めるのが間違いなわけですが、
ではアイスランドの人はどんなお昼を食べるのだろうと、地元の人しか行かないような、いわゆる食堂に入りました。そこでのランチは1種類のみ。出てきたのは蒸したオヒョウでした。こっちではオヒョウとかタラとか大型の白身魚が人気のようです。ただこの定食も1500ISkrくらいするんですよね。。



なので、もっと庶民な食べ物はないかー?と探したところありました、インスタントラーメン。これはmade in Thailandでしたが130ISkrくらい(それでも日本の倍ですね)。
しょっぱかったけど、普通に食べられます。が、しかしアイスランドまで来てホテルでインスタントラーメンをすするのは、ちと悲しいっす。。。



posted by iwajilow | 18:03 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(2) | trackbacks(0) |
羊をめぐる冒険〜レイキャビック便りその
ようやく15日間にわたる取材が終わりました。
帰国してからの編集を考えると頭が痛いですが、まずは事故もなく無事終えたられたことに感謝です。病気も怪我も機材トラブルもなく本当に良かったぁ。。。
さてさて、アイスランドはとにかく羊の多い国でした。少し郊外にでるとたくさんの羊が黙々と草を食べています。



なんでも今は羊の食べ時だそうで、この時期の羊は丸々としていて近いうちに屠殺場に送られる運命だそうです。
そう考えると切ないのですが、羊のいる風景はなんだかホッとします。ずいぶん助けられました。



感謝をこめて、羊のステーキをいただきました。
ありがとさんです。


羊のステーキ


トナカイのステーキもいただきました。あっさりした赤身肉です。


こちらは牛です
posted by iwajilow | 07:40 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(3) | trackbacks(0) |
恐るべし中国パワー〜レイキャビック便りその
アイスランドでもどこへ行っても中国語が聞こえます。
しかも皆さん団体で来ています。この時期はシーズン・オフで日本人の観光客はまず見ないのですが、シーズン・オフも厭わない中国パワーに脱帽します。


「中国かもめ旅行社」のマイクロバス

アイスランドでは人口30万人に対して1000人ほどの中国人が住んでいるそうです
(ちなみに日本人は70人ほどだそうです)。
中華料理店も僕が見つけただけで3軒ありました。このうちの2軒に入ったのですがとても美味しい中華料理を出してました。が、しかし2軒とも餃子がないのでがっかりしました。ワンタンや春巻きはあるのになんでだろう?





そういった中国パワーなのですが、実はアイスランドでは最近、ポーランドからの移民が増えているそうです。現在1万人ほどのポーランド人が住んでいるそうです。人口30万人に対して1万人なので大した数です。彼ら(彼女ら)はほとんどアイスランド語を話せず、職もいわゆる下働き的なものしかないそうです。そういえば今回魚工場にも行ったのですが、現場で包丁を使って魚を切ったり選別したりと働いていたのは全員ポーランド人でした。かなり郊外にある工場だったので、こんなところまで来てるのか、と驚きました。


中華料理も1人前3,000ISkr≒6,000円くらい。侮れません。


posted by iwajilow | 16:47 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | - | - |
傘はない…レイキャビック便りその
 アイスランドに来てすでに10日あまり経ちましたが、未だにレイキャビックは晴れません(青空を見たのは他の町に出かけたときだけです)。予報によれば明日から晴れるそうですが、また週明けから崩れるそうです。日本の梅雨より雨が続くような感じがしております。

 そういう日々なのですが、この国の方々は、かなり強い雨でもほとんど傘をさしません。風が強いので飛ばされてしまうそうです。雨の日の傘さし率は見た目でおよそ10%程度でしょうか。

 日本だと雨の日に傘をさしていないと結構目立つのですが、この国では雨の日に傘をさしていると結構目立ちます。ではどうしているのかというと、フードをかぶって歩いている人が結構います。日本だとパーカーのフードを被っている人は滅多に見ないのですが、あれは決してファッションではなく実用的なものなのですね。なので僕もフード被って歩いています。結構快適ですだ。


posted by iwajilow | 02:10 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(4) | trackbacks(0) |
焼きそば3000円のなぞ…レイキャビック便り
アイスランドに来てはや、1週間が経ちました。が、相変わらず物価の高さと雨に悩まされ続けています

先日ブログに「他人様に食事を作ってもらうというサービスに対してものすごく敬意を払っているのですね」と書いたのですが、どうもそれだけではないらしいということが判明しました。

アイスランドの人に聞いたところ、こちらの人の平均的な月収はおよそ40万ISkr≒80万円だそうです。とすると日本の2倍つまり1ISkr≒0.55円と考えずに1ISkr=1円と考えると、例えばガソリン1箸127ISkr≒254円だとすごく高いのですが、こちらの人の感覚で127ISkr=127円と思うとものすごく合点がいきます。

とはいっても今日食べた焼きそば1450ISkr≒3000円は1450ISkr=1450円でも高いです。日本ならせいぜい700円といった感じです。



そういう意味では「他人様に食事を作ってもらうというサービスに対してものすごく敬意を払っているのですね」はある意味正しいのかなぁ。。

今日買おうと思ったハンドメイのウールのセーターが12000ISkrで「うーん、2万4千円かぁ」と思ってしまったのですが1万2千円だったら「買い」でした。買わなかったけど…。

まぁ、いつの間にか、日本が一番物価も給料も高いと思ってしまっていたけど、ヨーロッパの感覚では全然そんなことはないわけですね。。


久しぶりに晴れました


間欠泉
posted by iwajilow | 06:46 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(0) | trackbacks(0) |
高っ〜レイキャビック便り
アイスランドに来て最初の印象は「高っ!」ということでした。

とにかくレストランが高い。味はそこそこいけてるのだけど高い。
今日は街のレストランでサーモンのペンネを食べたのだけど2000Iskr≒4000円でした。
びっくりです。量は食べきれないほど多いし、とても美味しいんですけどね。。



じゃあファーストフードなら安いのかというと、そんなことは全然なくて
フィレオフィッシュのセットが700Iskr≒1400円だったりするわけです(別に日本に比べてサイズ大きいということはありません。念のため)

でも、スーパーに行くと鶏肉が1キロで399Iskr≒800円、ということは100グラムあたり80円だったりするわけですね。さらに今日は手袋を買ったのですが、130Iskr≒260円だったりするわけです。



他人様に食事を作ってもらうというサービスに対してものすごく敬意を払っているのですね。


レイキャビック一の繁華街:ロガゥエル


広場で写真を撮る女の子

posted by iwajilow | 17:40 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | - | - |
朝から満腹になる〜レイキャビック便り
>アイスランドは食事が朝から充実しています。
だいたいヨーロッパの朝食というと、パンとハムとチーズにコーヒーというパターンで、良いところでタマゴがあるかなぁ、くらいですがここは違います。
タマゴもスクランブルエッグにゆで卵と2種類そろえてあり、炒めじゃがいもやフルーツもあります。さらにさらに魚まであるのですね。もちろん鮭や鯵の開きというわけではなく、酢漬けなのですが、最初に見たときは感動しました。ヨーロッパで朝から魚が食べられるなんて…。
そんなわけで朝食はいつもビッグ・ブレックファストになってしまいます。


朝食ビュッフェ


魚の酢漬けは2種類


いわぢろうの朝食…食べすぎ


相変わらず雨が続きますが、今朝は虹が出ました


晴れ間がのぞくと、こんな感じですspan>
posted by iwajilow | 18:06 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(3) | trackbacks(0) |
アイスランドは今日も雨だった…

 アイスランドに到着して、すでに3日が過ぎたのですが、この3日間というものは雨にたたられておりました。

 しかもただの雨ではありません。さすが、極北の地とでもいうのでしょうか、ものすごい風を伴っておりました。もしこの風が東京で吹いていたら絶対怪我人がでる!というほどの風です。なので気温は10℃ほどあるのですが、風で体温を奪われ体感温度は4℃〜5℃といったところです。


旗はひらひらというよりビュンビュンはためきます

 一昨日、Tシャツの上にカーディガンとスノボ用のブルゾンでかなり寒かったので、昨日は長袖のTシャツに厚手のセーターを着ていたのですが、それでも寒い、寒い。(日本を出てくるときはTシャツ1枚だったのに!)ところがこちらの人は「この時期にこんな生暖かい風が吹くなんて、やはり地球温暖化が進行しているのか…」などと涼しい顔、いや温かい顔をして言っておりました。さすがです。

 昨日の夕方になってようやく雨が止み、薄日が差してきました。が、しかし今朝もすでに雨です。この天気にはなかなか慣れません。


レイキャビック市内


一歩郊外に出ると何もありません


でも馬がいます


月面のような風景もあります
posted by iwajilow | 15:54 | いわぢろうの旅日記・アイスランド | comments(2) | trackbacks(0) |