Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
<< 勝ったのは自民党でなく官僚 | TOP | 「自民党に投票しましたよ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
原発への津波は予想できたはずだ
JUGEMテーマ:日記・一般

政権が自民党に変わったことで現在、進行中の原発訴訟に影響はあるのでしょうか?

そもそも自民党というのは辺野古への基地移転を反対している人に対して
軍艦を出撃させた政権です。

僕はその人たちが住民と会話をするとは僕はとても思えません。

現在行われている事故の責任を追及する株主代表訴訟は国が被告になっているわけでは
ありませんが原発維持推進の政権が誕生したことで何かしらの影響があるかもしれません。

まぁ、元の木阿弥政権ですから…


さて13日、先週の木曜日に開かれたその株主代表訴訟の第4回口頭弁論の様子です。

原告側はこの口頭弁論で、「津波は予想していたはずで、それに対して十分な対策を取らなかった東電には責任がある」と訴えました。

以下、僕の法廷メモです。

12月13日 株主代表訴訟
被告側代理人15名
原告側弁護団8名プラス原告25名


原告側「津波は予見可能だった。津波対策は不十分であった」


原稿側主張

福島第一原発、昭和41年設置許可時 津波3.1メートルで設置許可

タービン建屋は10メートル壁
非常用ポンプは5.6メートルに設置されていた。

4メートルを超える津波で冷却装置喪失
10メートルを超える津波で直流電源を喪失するという状況だった。

2002年2月土木学会原子力土木委員会で津波評価技術が発表され5.4メートル〜5.7メートルの津波が想定される。

福島第一原発では非常用ポンプを40センチかさ上げし、6メートルにした。

2002年の時点で文科省の地震調査委員会で三陸沖から房総沖にかけて地震評価長期予測を発表。

過去に大きな地震がなかったところでもM8クラスの地震が起きる可能性があると予測。地震学者の島崎論文では2002年の時点で10メートルを超える津波は予見できたはずだと指摘されている。(「東北地方太平沖地震に関連した地震発生 長期予測と津波防災対策」島崎邦彦氏:現原子力規制委員会・委員長代理)

2002年の時点で今回のような津波は予見できたはず。しかし中央防災会議も東京電力も長期予測を無視した。

その後の2006年 東電の安全担当の研究チームがマイアミ報告書を作成。
1605年の慶長津波、1677年の延宝津波などを参考にマグニチュード8.5を見積もって1075通りのシュミレーションをした。

50年以内に設計の想定を超える津波が起こる可能性を10%、10メートルを超える津波の起きる可能性を1%、13メートル以上の津波が起きる可能性を0.1%かそれ以下とした。

2002年に予見できなくても2006年に予見することができたはずだ。



さらに2008年にも東電は予見できていたはずだ。
2006年9月の耐震設計検査指針改定で最大想定津波は5.4メートルから5.7メートルでよいのかと再評価を指示、1896年の明治三陸地震が三陸沖でも発生する可能性があるかということについて有識者に意見を求めた。

有識者は福島沖で大地震が起こることは否定できないので地震源として考慮すべきであると意見。

2008年に明治三陸沖地震の想定で津波を試算。
すると8.4メートルから10.2メートルの津波の可能性。1〜4号機で浸水高は15.7メートル。
5〜6号機で13.7メートルと試算された。


2008年10月貞観津波の波源モデルに関する論文では第1取水口付近で8.7メートル〜9.2メートルと試算。保安院が説明を求めたろころ、2009年9月に8.6メートル〜8.9メートルと説明


2010年11月保安院が東電に対して津波対策の説明を求める。


2011年3月7日、延宝房総沖地震で13メートル、貞観津波で8.7メートル〜9.2メートルと保安院に説明。


3月11日に 11.5メートル〜15.5メートルの津波が起きた。


3月7日の報告は秘匿し東電は想定外の津波と主張していた。


国会事故調報告書では「東電、規制当局がリスクを認識しながらも対応を取っていなかった」と指摘している。


東電側はM9.0の巨大地震はまったく想定されていなかったと主張。
原告はM9.0を予見できたとは言っていない。津波を予見できたといっている。


東電側は波源モデルが確定していなければ津波評価を行うことはできない
→東電は数々のモデルを設定して試算を行っていた。


長期評価は暫定的モデルで思考的な計算の域を出ていない。
→津波が予見可能であったことを否定することにはならない



原告側の弁論が終わったところで東電側は裁判所にこう言いました。

「日本に原発は必要ないという主張があるのでそこは反論したい」

裁判所:それは特に裁判所は求めないけど…。

傍聴席(笑)


原告側:反論できる部分はどうぞ反論してください。

 





 
posted by iwajilow | 09:50 | 原発は怖いよー | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 09:50 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://iwajilow.jugem.jp/trackback/1071571
トラックバック