Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
<< 有罪にするために裁判官自ら誘導尋問? | TOP | 上告棄却の通知が届きました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
科学を有罪判決を書くために捻じ曲げる裁判官?
JUGEMテーマ:日記・一般

さて昨日の続きの痴漢冤罪N控訴審です。

今回は裁判官が有罪判決を書くためにいかに科学を捻じ曲げるかということです。

前回の宮村弁護士の陳述の続きです。

「Nさんの手のひらから採取された繊維と被害女性のワンピースの繊維が鑑定されました。
その結果、Nさんの繊維だけ1590カイザーにピークがありました。
この結果について、科捜研の研究員は類似性を判断するのにピークの違いを無視することはできないと認めました。
ところが原審では『何らかの異物が付着していた可能性があり、1590カイザーにピークが出てきた可能性がある。だから類似しているといえる』と判定しました。

科捜研の研究員は『固形物の付着は認められなかった』と言っています。
とすると考えられるのは繊維に染み込む液体状の異物です。
検察官はこの何らかの液体状の異物について何ら立証していません。

私たちの依頼した鑑定によれば、Nさんの汗によっても手垢によっても1590カイザーにピークが生じないことがわかりました。
Nさんの使用していたシャンプーによっても石鹸によってもシェービングクリームによってもピークは生じませんでした。
私たちは実験で繊維を染めている染料によって1590カイザーにピークが生じる場合と生じない場合があることを立証しました。

であるならば、Nさんの手に付着していた繊維と被害女性のワンピースでは異なる染料が使われていると考えるのが妥当です。

ところが原判決は何ら立証されていない『何らかの異物』を理由に類似していると判定しました。
これは弁護側に『何の異物も付着してない』という『悪魔の証明』を求めるものです。

私たちは今回Nさんの唾液、電車に乗る前によった松屋の豚皿の汁、サラダのドレッシング、とろろ、味噌汁などによっても1590カイザーにピークが生じないことを立証します。
『何らかの異物』など存在していないのです。
また原判決は『Nの繊維とワンピースの繊維には2〜3本の縦線状の刻みがあり類似性が裏付けられている』と判断しました。その判断は鑑定書添付の2枚の写真によるものです。科捜研の研究員は『刻みが何本見えるか』という質問に対して『あくまで写真は参考なので指示せないです。顕微鏡を通じて撮影されたものなので、私も正確なことは言いかねます』と証言しています。

しかし原判決はこの2〜3本のあって線で類似性を認定しました。
これが正当であるとは思えません。

私たちは同審において2〜3本の縦線の刻みは一般的なレーヨンにあるということを立証します。

もう1点。
原判決は『Nさんが電車の中で声を上げて反論しなかったことは無実である者の行動としては不自然である。特に大学の准教授という社会的に相応の地位にあるものの行動としては不自然だ』としました。

しかし痴漢と間違われたときにどう反応するかはその人の性格によってさまざまなのではないでしょうか。

特に電車の中で、今日の仕事を整理している中で、突然手をつかまれたときに、動揺して何も反論できない人もいるはずです。

『反論しないのが不自然である』決めつけることはできないはずです。

Nさんは同僚や後輩からも『控え目すぎる』『もっとずるがしくなってほしい』と言われる方です。人前で話すことが苦手で、ボイストレーニングに通ったこともあります。声を出して反論できなくても何ら不自然ではありません。

被害者はNさんの左隣の人物に痴漢をされNさんを犯人と思い込んだため被害についての供述は迫真性がありました。その供述を聞いた原判決は有罪の結論にそうように証拠を評価しました。
犯人はNさんであありません。
Nさんは無罪です」

宮村弁護士の迫力のある言葉にだんだん裁判官も引き込まれていったようでした。

相変わらず自分たちのプライドを守ることしか考えてない検察官は
「控訴には理由がありませんので、控訴棄却を求めます」
と思考能力ゼロの言葉しか発しませんでしたが、裁判官は関心を持ったようでした。

「繊維鑑定、被害者供述の2点についてまず証拠調べをしたい」とのことでした。

ほとんどの場合、1回結審で終わってしまう控訴審では珍しいことです。

公判終了後、さっそく弁護側と裁判官、検察官は進行協議に入りました。

法廷から出てきたNさんは「ありがとうございます。頑張ります」と頭を下げていました。
支援者の方とエレベーターの中で一緒になったのですが、パネルは前日の夜まで作業して作っていたとのことでした。

正義が実現されることを願っています。

それにしてもひどいのは原判決です。
何度でも書きますが、この判決を書いたのは多和田隆史という男です。

次回公判は3月19日 11時からです。
posted by iwajilow | 12:42 | 痴漢冤罪?の恐怖 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:42 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://iwajilow.jugem.jp/trackback/1071647
トラックバック
2013/05/11 15:00
1 :ピクシーボブ(岩手県):2013/05/10(金) 09:43:29.33 ID:0yanyoQQ0 ?PLT(12001) ポイント特典99%有罪!正義などない万が一、電車で痴漢をしていないにもかかわらず、痴漢をしたと糾弾されたとき、どうすれ...
【2chまとめ】ニュース速報