Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
<< 獄中からの年賀状 | TOP | 女性バイトは「鮮度」が落ちるとクビなのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
殺人より重い警察に恥をかかせた罪?
JUGEMテーマ:日記・一般

世間の耳目を集めた川崎の逃走犯。
昨日の逮捕劇を見ていて、
なぜこの人、連行時にこんなに顔を晒せれないといけないのか
不思議に思いました。

通常、連行時は車の窓にカーテンをしたり
ビニールシートをかぶせたり
ジャンバーをかぶせたり、して容疑者の顔を隠します。

それはあの尼崎事件の住田容疑者の連行時もそうでした。

今回の逃走犯のそもそもの容疑は「集団強姦」です。
「集団」ですからまだ本人が主犯格だったのか、
見張り役だったのか、どの程度の関わりだったのかもはっきりしてない。

被害者からすればレイプは心の殺人ですし、決して許されるものではありません。
しかし死刑判決が想定されるような「殺人」とは違うし、たとえ「殺人」であっても手配の必要がなくたった顔をさらすというのは集団リンチに近いのではないかとも思います。

それなのになぜ、あれだけ顔を晒したのか。

これは「警察に恥をかかせたこと」に対する「見せしめ」と
想像するのが難くありません。

振り返ってみれば
例えばPC遠隔操作事件でも
逮捕から1年近く未だに接見禁止が続いています。

これも彼の容疑からはちょっと考えられない。

やはり「警察に恥をかかせた措置」なのではないのかと想像してしまいます。

そう考えると、例えば痴漢えん罪事件でも
「冤罪」を訴えると初犯でも実刑判決が下ってしまうというのも
同じ構図の延長線上にあるように思います。

この国は未だ市中引き回しの刑が行われ
権力をもつお上に逆らうと「不敬罪」が加わるという
中世のような人権感覚の中にあると言って間違いないと思います。
posted by iwajilow | 09:33 | ニュース深読みしすぎ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 09:33 | - | - | - |
コメント
まったくそのとおりです!!
他のメディア報道にはまったくない視点、
さすがいわぢろうさんです。
今年も期待しています。
2014/01/10 11:06 by nexus
nexusさんとまったく同じ!何かとお忙しいでしょうが、今年もよろしくお願いします。
2014/01/14 19:00 by aki
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://iwajilow.jugem.jp/trackback/1071808
トラックバック