Search this site
TVディレクターがメディアでは伝えられないニュースの裏側を日々レポート。
<< 女性バイトは「鮮度」が落ちるとクビなのか | TOP | 被害者がいねぇなんて関係ねぇby最高裁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
報道されるのは警察発表ばかり
JUGEMテーマ:日記・一般

昨日の新聞で警察による調書の偽造が取り上げられていた。しかし僕はこういった報道に不自然さを感じています。それはなぜか?不祥事はもっとたくさんある。もっとひどいねつ造はたくさんある。しかし、そういった不祥事は報道されないし、逮捕もされない。代表的な例でいえば村木事件の前田検事は逮捕でなぜ、小沢事件の田代検事はなぜ不起訴なんだろう?
大阪府警警部、調書作成怠り7年後に捏造 事件は未解決
2014年1月12日21時15分 asahi.comより
大阪府警の男性警部(41)=警察庁出向中=が、岸和田署勤務だった2005年に担当した強制わいせつ事件で、調書などの捜査書類の作成を怠ったうえ、7年後に日付を偽って捏造(ねつぞう)していたことがわかった。府警は公文書偽造・同行使容疑で捜査している。事件は時効となり、府警はより時効の長い強姦(ごうかん)未遂容疑に切り替えて捜査したが、未解決となっている。
 府警監察室によると、警部は、刑事課強行犯係の警部補だった05年5月に事件を担当。岸和田市内で男に連れ回され胸などを触られた女性の調書作成や、犯人のものとみられる指紋の採取などの捜査をした。しかし、十数通必要な捜査書類のうち、実況見分調書など3、4通を完成させないまま放置したという。

この件について以前、このブログでも取り上げさせていただいた築地国賠公妨の二本松さんがこんなふうに話してくれました。
「些細なねつ造でも警察発表は記事になるが、市民からの告発は決して記事にならない。これは(誰かを)懲戒にしたいと考えている内部の人間が発表しているだけなのではないか」

さてその築地公妨でっち上げ事件の裁判も佳境を迎えています。昨年11月に訴えられた都側の当事者である婦警の尋問があり、12月には訴えた側の当事者の二本松さんの本人尋問が行われた。通常、国賠裁判では当事者の意見を聞いたところで終結に向かうそうだが、今回は3月に進行協議が入れられ、この後、人証などに移っていく可能性がある。

そもそも事件が起きたのは2007年10月11日の朝。寿司店を経営している二本松さんは奥さんの運転する車で築地市場に仕入れに出かけた。買い出しをしている間、奥さんは車に残っていた。買い出しを終えて車に戻ろうとすると車の前に婦警が立っていた。Nさんが「車を出しますのでそこをどいてもらえませんか?」と声をかけた。すると婦警が「ここは法廷駐車禁止エリアだ」と立ちはだかる。「法廷禁止エリアでも運転者が乗ってエンジンかけてすぐに運転できる状況にあるんだから違反じゃないんじゃないですか」という二本松さん。

ところが婦警は「謝りもしないで、今日は絶対行かせないから」そして「逮捕するよ」と言い出したという。その後、持っていたカバンをNさんに押し付け、さらにトランクの上に反則切符の束を投げつけ、「免許証を出せ」と言い出した。「私は運転手じゃないんだから関係ないじゃないですか」と抗議するNさんに対して、婦警は今度は「暴行!暴行!」と左手を高々と上げて左手を負傷したことをアピール。二本松さんは逮捕され、その後19日間にわたって拘束されたことに対して国賠訴訟を起こしたのがこの事件だ。

朝の築地市場ということで多くの市場関係者がこの事件を目撃していた。しかしこと警察相手となると口をつぐむ人が多い中、勇気ある方々が陳述書を提出している。その一部を紹介します。

供述
 婦警が『奥さんに免許証提示や取り締まりをしている』ような場面は間近で見ていてありませんでした。婦人警官は通常の取締とは異なり、ほとんど二本松さんに詰め寄りヒステリックに怒りを爆発させているような感じでした。二本松さんには持っていた黒いカバンを突きつけながら『免許証を出せ!』と迫っていましたが、最初に1車両分くらい車を動かした奥さんが明らかに運転手であることを婦警らは見ていましたし、Nさんは助手席に入ろうとしていたのですから二本松さんに免許証提示を求めることはおかしいと思ってみていました」

供述
「二本松さんが『婦警をドアに挟んだとか運転席に載って2メートルも運転して2人の府警に闘争を阻止された』とかというような事実も100%ありませんでした。ゆえに、私は二本松さんが逮捕された後、私服警察官に『逮捕されるようなことはやってないから』『逮捕するのはおかしい』等と抗議までしたのです」

供述
「Nさんが肘で婦警の胸を突く等とという場面は一切あありませんでした。それは100%間違いありません。私は柔道を長年やっておりますがこのような拳を前に合わせた非攻撃態勢で、逮捕術などの訓練を受け防御術なども身に着けているはずの府警の胸に肘を直接当てることはほぼ不可能ですし、しかも連続して左右交互に突く等ということは絶対無理だと思います」

供述
「この時、約100名前後の人が事件を見ていたのですから誰も見逃すはずはありません。『二本松さんが運転席に乗り、運転した』等という事実はもちろん、『奥さんが車内で運転席から助手席に移った』というような派手な動きも全くありませんでした」


そして警察の提出した再現写真を見た目撃者はこう話している。
「この再現写真は事実と異なる創作物としか思えません。
築地市場とは異なる場所・道路状況下で撮影され、最初から最後まで事実とは全く異なる写真を見るにつけ、この報告書は当時の事実を再現するのではなく、誤認逮捕してし合った警察がそれを正当化するには、このように全てを新たに作り上げなければならなかったということを如実に示す「証拠」ともいえるうそに満ち溢れているものでした」
posted by iwajilow | 00:42 | 警察によるでっち上げの疑い・築地事件 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:42 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://iwajilow.jugem.jp/trackback/1071810
トラックバック